Skip to content

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

染色体の検査へ

東日本大震災での被害っていうのは非常に大きいものとなりましたが、何と言っても原子力発電所への影響っていうのは今でも後をひきずっているほどの大きなものとなっています。人への被害ももちろんのことで、被ばくについてはほとんど影響ないっていう感じですが、その検査について染色体の検査が導入されることとなったようです。18歳以下の希望者が対象ということですが、放射線による染色体の損傷が分かれば医療へ活用することが出来るということで大きな期待があるようです。しかし、こういった検査によって損傷が分かったとしたらそれはそれでショックですよね・・・染色体の損傷っていうものは治療することが出来るのかどうかっていうのは分かりませんが、だからこそ怖いなっていうのもあります。希望者のみの検査ということのようですが、この検査を希望するかどうかっていうのは微妙なところもあるのではないのかなって思ったりもします。多くの人が希望するのではないかと思いますが。

今後の関係はどうなる?

日本では総選挙によって自民党が勝利するという結果に至りました。民主党の敗退という結果は当初から大きな予想の1つではあったようですが、これほどまでに自民党が勝利するという結果は予想した人はなかなかいなかったのではないかと思います。そうなると次の政権は安倍さんの手腕にかかっているということになりますが、この安倍さんが抱える問題の1つには韓国との問題があります。そして、その韓国でも朴槿恵という新しいリーダーが誕生したということで、日本と韓国の関係はどうなっていくのかっていうのは非常に興味深いところでもあります。この日本と韓国の関係については多くの人が興味深く見守っていくかと思いますが、比較的、親日だって言われ方もしている朴槿恵さんは実際のところどうなんでしょう?歴史問題については解決したいという願いがあるようですが、そもそもの考え方が違うなかでどういった解決を図っていくのかっていうのは難しい問題だなって感じですよね。

資格を取りやすいように

今後、保育所と幼稚園との連携の高まりというのを進めようと計画されているようですが、今やそもそも保育所と幼稚園っていうのはまったくの別物として考えられているようですね。そもそもこの両者が具体的にどのように違うのかっていうのはイマイチ分かりませんが、どうやら先生としての資格っていうのはまったくの別物になるようです。そんな中で保育所と幼稚園を一体的に運営するところでは原則としてどちらの資格を持っていないと働くことが出来ないということになってしまうのだとか。ただ、現状では約25%の人がどちらか片方の免許しか持っていないということで、国としてはこの免許の取得を進めることが出来るように助成金を出すなどの考えのようです。こういった機会に多くの人が資格を取得することが出来ればかなり制度として運用が進むのではないかと思いますね。もちろんそのためにはいくつか障害はあるのだとは思いますが、無事に進んでくれると良いですね。

これがリーグ戦で出ていれば

まるでリーグ戦とは見違えた姿を見せてくれたのがガンバ大阪だったようです。その姿にファンも大変喜んだのではないかと思います。というのは、サッカーの天皇杯での大阪ダービーでの一幕だったようですが、何とか自力でJ1にとどまることが出来たC大阪とJ2へ降格してしまったG大阪ではC大阪のほうが勢いがあるのかなって思いましたが、それもまったくの検討違いっていうことだったのでしょうか。何と言ってもG大阪はリーグ戦では崩壊と言っても良かった守備が良かったようで、堅守を見せたようです。そんな中での勝利は来年からのJ2での活躍を期待させてくれるのではないかと思いますが、選手の一人は勝負が延長戦までもつれ込んだことに不満だったようで、反省するところは反省しないととしているようで自分には厳しくっていうところなんでしょうか。とりあえず、最後の最後までボロボロの姿っていうことにならなくて良かったなって個人的には思いますね。

ジャパネットの逆襲

あのおなじみの声のテレビ通販と言えばジャパネットの他にはないと思います。テレビ通販って言うと種類はいろいろありますが、最初に思いつくのはやっぱりアレですよね。テレビやカーナビなど様々な商品を売っているジャパネットですが、そのジャパネットにもピンチのときが訪れたようです。というのも、テレビなどの家電をメインに扱っているジャパネットですが、その家電が非常に厳しい状況にあるということでジャパネットも低迷しているとか。これは多くの家電メーカーが苦境に陥っていますが、同じような状況になっているのではないのかなって思いますね。こうした状況を何とか打破するために家電からの脱却など様々な戦略を打ち立てているジャパネットですが、来年は見事逆転の年とすることが出来るのでしょうか?それともやはり家電の厳しい状況をそのままに没落の一途をたどってしまうことになるのでしょうか?どちらにせよ来年は厳しい勝負の年になりそうです。